人間関係の悩み

人間関係の悩みの前提

①相手を変えることはできない
②家族(特に両親)との関係のほうがよりハードルが高い

①②から、自分自身を変えるほうが早い→結果的に相手や周りが変わる
そして、様々な視点からアプローチする方法はいくつもある。

感情や行動と関連するお腹(腸)にアプローチ

感情や行動と関連するお腹(腸)をほぐすことで自分の心と体に変化が訪れ、結果的に周りが変わっていく。

本人が全く気付かず周りがビックリするケースもある。

犬や馬などの動物もお腹(腸)をほぐすと性格や行動が変わる。

※心と体、生き方が変わるライフチェンジケアの腸心セラピー、またはライフミネラルセラピーにてアプローチ

身体をほぐす(整える)

パーソナルスペース(境界線)は体の状態によって変化するため、体をほぐす(整える)ことにより人間関係によるストレスやダメージを軽減させることができる。

例)満員電車に乗っている時に隣の人とくっついていても我慢できるが(仕方がないが)、
電車から人が降りてスペースが確保できる様になると、人はみんな隣の人との距離を取り、パーソナルスペースを確保する。

この時のパーソナルスペースは自分の身体の状態(コリ具合)や相手の身体の状態(コリ具合)によっても変化するし、相手の関係性(全くの他人か、知り合いか、異性か)によっても変化する。

このことはHSPの性質を持つ馬や動物に近づこうとする時も顕著に表れ、動物である人間も心の状態や身体の状態(エネルギー)を視覚情報や皮膚感覚を通じてキャッチして、無意識的にパーソナルスペースを確保していると考えられる。

服や下着の色に着目する

服や下着の色が心身に大きく影響をするため(⇒色の周波数)、服の色に着目をして、自分自身の服の色を変え白やピンク色などの明るい色を意識して身に着ける様にする。

特に鎖骨と鎖骨の間の色の影響があるため、黒、灰、カーキ、茶、緑、青色などの色は避ける様にする。

 

※心と体、生き方が変わるライフチェンジケアのゼロポイント・アプローチの原理や考え方を参考

 

ゼロポイント・アプローチの考え方を活用

「今」に着目をし、今の「動き」を変えていく。
「動き」「姿勢」「思考」は連動していて、
そうすると、過去の事実は変わらないけど、今が変わることにより過去の捉え方が変わり、未来にも変化が出てくる。

 

世の中に存在している多くの二元論からの脱却をすることで常にフラット(ゼロポジションにすぐ戻れるよう)になり、人間関係に対しても苦ではなくなっていく。

親の問題である場合は親の親から受け継がれている場合もある

仕事や家庭・家族の人間関係の問題は、巡り巡って、親の親から世代間連鎖していることも多い。

また、それ以外にもHSPの気質による両親や子供に対しての誤解から生じる人間関係の悩みもある。
⇒この場合はHSPの理解(知識)が深まることにより誤解が取れることがある。

そもそもその環境から離れる(逃げる)

HSP/HSCにとって環境はすごく大切なので、可能であればその環境から離れる(逃げる)ことを選択することも大切。

HSP/HSCである、無いに限らず、世の中には自分と合わない人が必ずいるので、自分の身を守るために自らが引くことも場合によっては必要なこともある。

HSPの人はHSP同志でなるべく関わる様にする

周りの環境や人間関係はHSPにとって、とても影響が大きいので、
現状で何か問題や課題があるのならばHSP同志でなるべく関わることで解決されるこもある。

※これは一時的、ある程度の期間という意味で、一生HSPと関わったほうが良いという意味ではなく、最終的に選択ができる様になって、HSPだけに関わって生きていくほうが良い人もいれば、HSP・非HSP関係なく、自分のやりたいこと・道に進むほうが良い人もいる。