あなたの不調の原因は?〇〇〇??

馬の整体、そして人の整体を何年もやってきて、

さらに原因を追及してきて分かったことは、

 

原因は沢山あるということでした。

 

 

例えば、今、肩こり専門で診ている中でも、

 

①スマートフォンの多用
②読書をする時の姿勢とページをめくる動作
③横向きで両腕を組んで寝る姿勢
④両腕を組んで頭の後ろに置いて仰向けで寝る姿勢
⑤腹筋のやり過ぎ(1日20~30回程度を毎日1週間続けただけ)
⑥バスケのシュートの練習による疲労
⑦パソコン、キーボード・マウスを使う動作
⑧赤ちゃんを抱っこする姿勢(又は地上から抱き上げる動き)
⑨ジムのトレーニングの動き
⑩電話をする姿勢
⑪過去のガラケー使用時の影響
⑫噛み合わせの影響→全身の筋肉・骨に影響
⑬腸のコリ→肩こり
⑭身につけいている装飾品(指輪)等の影響
⑮履いている靴・身につけている服や下着の影響

などなど。

 

 

 

例えば①のスマートフォンの多用に関してだけでも、

 

片手だけで操作するのか?
両手で操作するのか?

 

片手だけで操作するのなら、

右手で操作するのか?
左手で操作するのか?

 

スマートフォンの大きさはどうなのか?

 

 
操作する時はどの指を使って操作するのか?

 

 
どんな態勢(姿勢)で使うことが多いのか?

 

 

人により筋肉の使い方が全く異なり、

 

それにより

指が凝ったり、
腕が凝ったり、
肩が凝ったり、
首が凝ったり、
背中が凝ったり、

右利きの人の体の左側が凝ったり、

電磁波の影響で指・腕→お腹が凝って、肩こりや腰痛になったり…

 

 

スマートフォンの多用だけでも、
様々なシチュエーションと原因が存在しています。

 

 

不調の原因と言うのは、
本当に人の数だけ存在し、

 

大半の方は、自分の生活習慣や過去に原因があるとは思わず、
気づかずに不調になってしまっています。

 

 

『あの時の事故の○○のせい』
『手術の影響だから』
『年だから・・』

 

 

皆さん、上記の様なことをおっしゃる方も多いのですが、

本当にそれが当てはまるのは本当に少数派。

 

 
自分の全ての行動・選択(現在・過去・未来)と、

自分の周りの環境(衣食住、人間関係、仕事、その他)に不調の原因というのは隠れ潜んでいて、

 

それが心と体に反映され、
積み重なって気づかずに症状(不調)として現れてしまっているのが
現代社会の実情になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加