貼るだけ整体「ゼロポイントテープ」(ゼロポイント・アプローチ)

貼るだけ整体「ゼロポイントテープ」とは?

HSP/HSCのカウンセリング・整体 貼るだけ整体「ゼロポイントテープ」とは?

ピンク色の周波数(波長)を利用したテープを貼ることにより動きや
痛みの+-(プラスマイナス)をゼロにしていくケア

 

であるピンク色(中庸)の周波数(波長)を利用して心身の不調や痛み、動きなどのプラス・マイナスをゼロにしていく、小さなお子さんが遊びながら使っても効果が出るように開発されたテープです。

 

市販されている普通のテーピングとは異なり、テープを貼る順番・方向・部位は全く関係なく使うことが可能で、使い方としては、痛みや張りを強く感じる所を見つけて、ただペタッと貼るだけ。

 

不眠や人間関係のストレス対策などにも有効で、世の中に存在している色の波長の効果(原理原則)を利用して心身の問題を解決に導いていきます。

 

なぜ、ピンク色?

赤色:陰陽の「陽・プラス」⇒温める、筋肉を横方向に伸ばす
青色:陰陽の「陰・マイナス」⇒冷やす、筋肉を縦方向に伸ばす

ピンク色:中庸「プラス・マイナス0(ゼロ)」⇒冷えや熱、痛み・コリ、筋肉の動きを適正にしてくれる

ピンク色は赤と青のちょうど中間の色で、心身の状態をフラット(ゼロポイント)にしてくれる働きがあります。

元々は不眠治療のお医者様が、自分の患者さんの不眠の原因を調べていった時に、なぜか暗い色の服を着る人が多かったことから、

「服の色と不眠の関係性があるのではないか?」

と調べていった結果、ピンク色の周波数の心身への影響をあることを発見したのが始まりです。

【期待できる効果】

・動きがその場で変わっていく→痛みが結果的に良くなっていく
・ストレスの感じ方が軽減される
・不眠が改善される
・貼った所が温かくなることがある

など。

ゼロポイント・アプローチとは?

ゼロポイント・アプローチは、ゼロポイントテープを含めた周波数を利用した心と体のケアの方法です。

 

世の中には様々な心や身体のケアがありますが、

 

・マイナス(―)を→ゼロ(0)にする方法
・ゼロ(0)をプラス(+)にする方法
・マイナス(―)をプラス(+)にする方法

 

ばかりが多く、

 

「正しい」「間違ってる」という価値基準や
「治る」「治らない」という視点で見るものが多く

 

ほとんどの人は心や身体の状態を「良くなった」「悪くなった」(2元論)
で考えがちです。(プラスマイナスを行き来しています)
※→振り子のイメージ

 

例えばマイナス(左)からプラス(右)に大きく振り子を動かすと、
動かした後反動で逆にマイナス(―)のほうに戻ってしまいます。

 

そこで、ゼロポイントアプローチは全く新しい視点の元

 

マイナス(―)のものはゼロ(0)に。
プラス(+)のものもゼロ(0)にしていき、

 

マイナスとプラスを行き来している振り幅を減らして

 

ゼロ(0)にしていくことで色々な考え方にとらわれずに心も体も元気にしていこう

→周波数を高い状態にして、常に変化する心と体の状態に対して、自分でケアができるようにしていけたらいいよね

 

という考えで心や体に対して色々なアプローチをしていきます。

「ゼロポイント・アプローチ」メディア掲載紹介

  • HSP/HSCのカウンセリング・整体 ゼロポイントテープ書籍1
  • HSP/HSCのカウンセリング・整体 ゼロポイントテープ書籍2
  • HSP/HSCのカウンセリング・整体 ゼロポイントテープ書籍3

※随時追記・更新する予定です。
(更新日未定)