HSP/HSC/HSS/HSEと発達障害

ただいま準備中です。

HSEとは?

HSE(外向的HSP=Highly Sensitive Extroversionの略、繊細性を持つ外向型の意味)という概念。
大半のHSEはHSS(刺激追求型)である可能性が高いが、
HSSではないHSPで外交的なタイプも存在。

 

HSS⇒刺激を追求するタイプ
HSE⇒外交的なタイプ

 

例えば、HSSであってHSEではないタイプは、
刺激を求めるために一人で出かけたりすることを好むが、
人と一緒に出掛けたり、沢山の人と会って話すことを好まない。

 

HSPは下記4タイプに分類される

①HSP/非HSS/非HSE(いわゆる一般的なHSP)
②HSP/HSS/非HSE
③HSP/非HSS/HSE(HSSではないけど、人と会うのが好きなタイプ=HSE)
④HSP/HSS/HSE

 

 

HSEについてもっと詳しくは
下記エレイン・アーロン博士のホームページよりご覧ください。

 

http://hspjk.life.coocan.jp/blog-introversion-extroversion.html

発達障害とは?

■自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder= ASD)・・「広汎性発達障害」とほぼ同じ概念を指すものであり、自閉症やアスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害などを含む疾患概念。

■注意欠如・多動症(Attention-Deficit Hyperactivity Disorder=ADHD)・・年齢あるいは発達に不相応に、不注意、落ちつきのなさ、衝動性などの問題が生活や学業に悪影響を及ぼしていて、その状態が6ヶ月以上持続していることと定義されている。

■限局性学習症(学習障害、specific learning disorder=SLD))・・全体的には理解力などに遅れはない(この点が知的障害とは異なる)ものの読み・書き・算数(計算)など特定の課題の学習に大きな困難がある状態のことを指す。
など

含む幅広い概念を指す。

■その他、知的能力障害群(ID)、コミュニケーション症群(CD)発達性協調運動症(DCD)など

HSC(HSP)と発達障害(グレー)

ただいま準備中です。

■HSCと不登校の問題

■(洞察系HSC)

HSPと発達障害の違い

ただいま準備中です。

■HSSとADHD

■マルチポテンシャライト

マルチポテンシャライトについて >>>

場面緘黙症(選択性緘黙)

場面緘黙は症状によって次の5つのグループに分類。

① 場面緘黙傾向
② 純粋な場面緘黙
③ ことばに苦手がある場面緘黙
④ 複合的場面緘黙(発達的問題や心理的問題の合併)
⑤ 遅発発症の場面緘黙(学校での孤立やいじめによる発症が多い)

かんもくネット

栄養(ミネラル・食事)と発達障害

「キレやすい」
「落ち着きがない」
「集中力がない」
「宿題をやらない」
「友だちとのトラブルが絶えない」

「意欲がない」

ミネラル不足により、様々な問題が起こる可能性がある。

ミネラルは精神面に関わる大事な栄養素の1つで、
神経伝達物質・体の司令塔の材料となるもの。

司令塔の伝達がうまくつながらないと、
内臓・神経・細胞が上手くつながらず、

ミネラル不足は発達障害だけでなく

「化学物質過敏症」
「アレルギー」
など

様々な病気も引きおこしてしまう可能性もある。

「普段の食事にミネラルがきちんと取れているか?」

また、

「ミネラルを吸収するためのお腹(腸)が良い状態になっているか?」

ただ、ミネラルを摂取するだけではなく、

腸の健康状態やミネラルの取り方・解毒等も大切なポイント。

子育てハッピーアドバイス 著者 明橋大二先生に聞くHSPとHSC